ここから本文です

任天堂、245億円の最終赤字 4~6月期、円高響く

ITmedia ビジネスオンライン 7月27日(水)16時16分配信

 任天堂が7月27日発表した2016年4~6月期の連結決算は、最終損益が245億円の赤字だった。円高が進み、為替差損を計上したことが響いた。

【その他の画像】

 売上高は前年同期比31.3%減の619億円。ニンテンドー3DSハードが前年同期比7%減の94万台、Wii Uハードが53%減の22万台にとどまった上、amiiboも対応新作ソフトが少なかった影響で、フィギュア型が約170万台/カード型が約130万枚にとどまった。

 営業損益は51億円の赤字。円高の進行で外貨建て資産について為替差損350億円を計上した結果、経常損益は386億円の赤字だった。

通期の業績予想は修正せず、売上高は5000億円、営業利益は450億円、最終利益は350億円。

 米Nianticによる「Pokemon GO」がヒットしているが、任天堂は「業績への影響は限定的」とコメントしていた。

最終更新:7月27日(水)16時18分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]