ここから本文です

阪神、原口文仁の9号3ランで先制 女房役が能見を援護の一撃

デイリースポーツ 7月27日(水)19時22分配信

 「阪神-ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 阪神が原口文仁捕手の9号3ランで先制した。

 四回に江越と福留の連打で一、二塁の好機をつくると、原口がヤクルト・杉浦のチェンジアップをフルスイング。高々と上がった打球は浜風に乗り、左翼席最前列に飛び込む一発となった。

 球団を通じ「捉えたところは芯は芯だったのですが、少しこすってしまったので、打った瞬間は本塁打になるかどうかはわからなかったです。ぎりぎりでしたけど、スタンドまで届いてくれてよかったです」と喜びのコメントをした。

 この回は打者一巡し、再び回ってきた打席では左翼線へ2点タイムリー。人生初の1イニング2安打、5打点。育成選手を経験したシンデレラボーイが、大車輪の活躍を見せている。

最終更新:7月27日(水)20時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。