ここから本文です

市川海老蔵 緑色にライトアップされた歌舞伎座に絶句「え? なんなんだ」

東スポWeb 7月27日(水)22時28分配信

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)が27日、自身のブログを更新し、緑色にライトアップされた東京・中央区の歌舞伎座に対する複雑な心境を明かした。

「渋滞で銀座で降りたら え?」とのタイトルで、緑色に染まった歌舞伎座の写真を掲載。「歌舞伎座緑 え? なんなんだ笑」と驚いた様子だ。

 実はこの日、歌舞伎座ではディズニー映画「ジャングル・ブック」(8月11日公開)のジャパンプレミアが行われ、ジャングルをイメージしたのか、緑色にライトアップされたのだ。120年の歴史を誇る歌舞伎座で、洋画のプレミアイベントが開催されるのは今回が初だという。

 海老蔵は「映画の宣伝? 昨日まで汗水流して場所が緑いろ、良いとか悪いとかでなく、複雑な心境になってしまった」(原文ママ)と率直な心境を吐露。前日(26日)に千秋楽を迎えた「七月大歌舞伎」に出演していたとあって、予想外の光景に言葉を失ってしまったようだ。

 最後は普段の歌舞伎座の写真を掲載し「私はこのままが好きかもと思ってしまった、まぁ いいけどさ、なんもなくさ、」と結んだ。

最終更新:7月27日(水)22時28分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。