ここから本文です

“ビリギャル”女子高生ボクサー小村楓香が新規電力会社とタッグ

デイリースポーツ 7月27日(水)19時39分配信

 「ボクシング・女子4回戦」(8月7日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

 現役女子高生プロボクサーの小村楓香(19)=門真西高2年、グリーンツダ=が27日、長井香織(明石)と行う8・7プロデビュー戦、48キロ契約4回戦を前に、新規電力会社とタイアップしたことを発表した。Jリーグの名門・東京Vとも契約を結ぶ「レジェンド電力」で、デビュー前のボクサーにスポンサーが付くのは極めて異例だ。

 スポーツ、芸能事業も手がけるマーケティング会社が4月から一般家庭の電力が全面自由化となったことを契機に新規参入した。

 同社の立川光昭社長は「アスリートと一緒に成長するチャンス。電力の値引きはなかなか難しい中、アスリートを支援するという形で切り替えてもらえれば。サービス、値段は変わらない。スポーツと電力の新たなチャレンジになる。小村選手と電力と二人三脚、ファンと力を合わせて日本のスポーツを盛り上げたい」とタッグの意図を説明した。

 「小村楓香応援電力プラン」はこれまで地域電力に支払っていた電気料金はそのままで受けるサービスも変わらない。同プランに移行することで同ジム主催興行で優先シート、小村応援グッズなどの特典がある。小村を世界王者にするために、電気料金の一部は強化費、遠征費などに充てられる予定だ。9月1日のサービス開始を目標に調整中だ。

 女優の川島海荷に「似ている」と言われるアイドル系。身長151センチの体から男子顔負けのパワフルなパンチを繰り出す。本石昌也会長は「女子では少ないKOできるボクサー」と能力を絶賛する。

 小学2年生から空手を始め、4年生からは全国で負け知らず。中学2年時にボクシングに転向してプロを目指した。ただ、高校2年で「夜遊び」を繰り返すなど、道を踏み外して落第。今春も進級できず、4月からは3度目の2年生として学校に通っている。今はグリーンツダで更生しクラブ通いもやめた。

 3月13日にプロテストに一発合格。WBC女子世界ミニフライ級王者・黒木優子が高校在学中にデビューした例はあるものの、関西では初めての現役JKプロとなった。

 2度留年した“ビリギャル”だからこそ、同社も支援する。「留年されて異例なデビューされて、新しいことをやろうという姿が、一から立ち上げたレジェンド電力とシンクロした。ともに意外性がおもしろい」と立川社長は話した。

 1年前は留年し、ボクシングすら辞めていた女子高生がまさかの展開にビックリするしかない。「勝つのは絶対。勝ち方も印象付けるすごい勝ち方をしないといけない」とキッパリ。1学期末のテストは「今までないくらいにできた。不も2個くらい、去年は9個くらいあった。(成績に応じて増える)夏休みの課題も今年は少なかった」と、進級に自信満々だった。

最終更新:7月27日(水)22時38分

デイリースポーツ