ここから本文です

阪神猛打、四回10安打で一挙9点 原口先制3ラン&2点適時打で5打点

デイリースポーツ 7月27日(水)19時58分配信

 「阪神-ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 阪神が四回、怒濤の6連打などで一挙9点を挙げた。阪神の1イニング9得点は2014年6月8日の交流戦・ソフトバンク戦の一回以来。

 先頭の江越に福留と連続安打が出て無死一、二塁としたところで原口が左翼席最前列へ9号3ランを放ち先制に成功。さらに、ゴメスが左前打、新井が中前打と続き、無死一、三塁から荒木の右前適時打で追加点を挙げた。

 先発の能見の犠打で1死二、三塁とすると1番の高山が右前に2点適時打を放ち、6-0。ここでヤクルト先発の杉浦を引きずり下ろした。

 2番手の中島に替わってからも猛虎打線は攻撃の手を緩めない。この日、遊撃で起用されている北條は四球。この回2巡目に入り、江越がこの回2本目の安打を右前に放ち、1死満塁とした。福留が押し出しの四球を選び、原口がレフトへ2点適時打を放った。ゴメスの安打で再び満塁としたが、新井が遊併殺打に終わり、長い攻撃が終了した。

最終更新:7月27日(水)20時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]