ここから本文です

シンラ・テクノロジー・ジャパンが倒産へ 会社名の由来はFF7の「神羅カンパニー」

ねとらぼ 7月27日(水)18時4分配信

 スクウェア・エニックス・ホールディングスのグループ会社である「シンラ・テクノロジー・ジャパン」が、東京地裁から特別清算開始決定を受けたと東京商工リサーチが報じている。この会社名の由来は、1997年に発売されリメーク版の制作も決定しているゲーム「ファイナルファンタジー7」に登場する会社「神羅カンパニー」から。

【1月には解散が決議されていた】

 「シンラ・テクノロジー・ジャパン」は2014年8月に設立、スクウェア・エニックスで社長を務めた和田洋一さんが初代代表で、資本金は5000万円。負債総額は2015年3月時点で4724万円だったという。

 クラウドベースのゲームを展開する予定だったが、第三者からの資金調達にめどが立たず事業の継続を断念。2016年1月6日には株主総会で解散が決議されていた。

最終更新:7月27日(水)18時4分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]