ここから本文です

タパレスがWBO王座奪取 敵地でプンルアンに11回逆転KO

デイリースポーツ 7月27日(水)20時33分配信

 「ボクシング・WBO世界バンタム級タイトルマッチ」(27日、アユタヤ)

 WBO世界バンタム級タイトルマッチがタイ・アユタヤのアユタヤシティーパークで開催され、同級1位のマーロン・タパレス(24)=フィリピン=が王者のプンルアン・ソーシンユー(26)=タイ=に大逆転の11回KOで王座を奪取した。プンルアンは2度目の防衛に失敗した。

 昨年8月、赤穂亮(横浜光)との王座決定戦に2回KO勝ちして王座に就いたプンルアンと、昨年12月に大森将平(ウォズ)との挑戦者決定戦に2回KO勝ちして挑戦権を獲得したタパレスが対戦。バンタム級の日本トップ選手を圧倒した両者の激突はダウン応酬の激闘となった。

 最初にチャンスをつかんだのはプンルアン。5回に右ボディーショットを効かせてタパレスを2度倒す。この回をしのいだタパレスは続く6回、右フックでプンルアンからダウンを奪う。そして迎えた11回、タパレスが右フックから左ボディーを2発入れた直後、豪快な左ストレートを顔面にたたき込み、王者を沈めた。

 外国人選手はなかなか勝てないと言われるタイに乗り込み、衝撃の逆転KO奪取を演じた新王者・タパレス。サウスポースタイルからしなやかな強打を打ち込むフィリピン選手らしいスタイルで世界初挑戦で夢をかなえた。戦績は31戦29勝(12KO)2敗。敗れたプンルアンは56戦52勝(35KO)4敗となった。

最終更新:7月28日(木)21時53分

デイリースポーツ