ここから本文です

平和記念公園から「ポケモンGO」の削除を要請 広島市は「ポケモンも出ないように」 長崎市は原爆資料館のみ

ねとらぼ 7月27日(水)19時3分配信

 広島市と長崎市はそれぞれスマホゲーム「ポケモンGO」について、原爆死没者を慰霊する平和記念公園と平和公園からゲーム内の施設を削除するよう、運営開発の米ナイアンティック社に要請しました。広島市は「参拝客や平和目的の観光客に配慮するため」、長崎市は「スマホ歩きなどによる事故を防ぐため」としています。

【Ingressで記念公園に描かれた折り鶴】

 「ポケモンGO」は現実世界を歩くことでスマホ画面上に現れるポケモンを集めるゲーム。神社や公園など現実の施設が、ゲームのアイテムをゲットできる「ポケストップ」やバトルが楽しめる「ジム」に設定されており、プレイヤーたちは実際に近づいてゲーム内で利用します。

 広島市の企画調整課と緑政課によると、平和記念公園では「原爆の子の像」や「原爆死没者慰霊碑」など数十カ所がポケストップやジムに設定されているとのこと。市は7月26日にメールで、8月6日までに平和記念公園およびその中の施設から「ポケモンGO」のポケモンが出現しないようにすること、そしてポケストップとジムすべてを削除するよう要請しました。

 理由について企画調整課課長は「平和記念公園というのは原爆死没者の慰霊の場。8月6日を目前に慰霊や平和祈願を目的にたくさんの方がお見えになっていますが、慰霊碑や像にポケモンGOの関連施設があることで多くのプレイヤーが集まり、近づきがたい状態となっています。本来の目的で訪れる方々のためにも削除を打診しました」と述べています。

 平和記念公園は、2014年にリリースされた位置情報ゲーム「Ingress」でもゲーム内の施設「ポータル」に設定されており、過去には原爆忌に合わせて有志のプレイヤーがゲーム上で巨大な「折り鶴」を描くという出来事もありました。Ingressの際は行わなかったゲーム施設の削除申請を、ポケモンGOでは行ったことについて、「今回のケースは顕著で、非常にたくさんのプレイヤーがいらしている」と異例の事態が発生していることを説明しました。

 長崎市の平和公園でも「平和祈念像」周辺など数十カ所にポケストップやジムが設置されています。市の平和推進課によると、市は25日にナイアンティック社公式サイトのフォームから、園内「長崎原爆資料館」の館内と周辺にあるポケストップを削除するよう要請したとのこと。有名な平和祈念像などがある公園の敷地は、今回特に申請していません。

 平和推進課課長は理由について「資料館には連日、原爆のことを知ろうと大勢の方がいらっしゃいます。混雑する館内や周辺で『ポケモンGO』のプレイヤーが集まったり歩きスマホで衝突が起こったりするのは危険だと判断し、削除申請しようと会議で決定しました。入り口の階段にもポケストップがあるのですが、ここは特に人が集中するため早く撤去して欲しいところです」と説明しました。

 一部報道に対し「平和公園は祈りの場。ゲームはふさわしくない」と発言したのは事実ですが、「未然に事故やトラブルを防ぐことが第一の目的です」とのこと。「平和公園全体のポケストップをどうするかはしばらく様子見です。特別トラブルもなければ苦情も来ていませんし、公園は公の場としてさまざまな人が利用する場であることを考慮しています」(平和推進課課長)。

 配信開始から3日経ったあたりから、公的施設や機関が「ポケモンGO」のサービスの撤去を要請するケースが増えてきました。26日にJRなど全国の鉄道事業者23社および日本地下鉄協会も、鉄道施設内でポケモンが出ないよう要請書を提出。最高裁判所も全国の裁判所からポケストップとジムを削除するよう申請しました。

 一方で鳥取県では鳥取砂丘における「ポケモンGO」のプレイを県知事が奨励したり、京都ではジムに設定されているお寺がプレイヤー向けに充電器の貸し出しを行ったりと、観光客の誘致につなげようという動きもあります。

 開発側はポケストップとジムを設置する上で、事前に施設側へ知らせるようなことは特に行っていませんでした。各施設がポケモンGOによる影響を自覚し始める時期。削除申請を受け、ナイアンティック社が具体的にどのような対応を取っていくか注目が集まります。

最終更新:7月27日(水)19時3分

ねとらぼ