ここから本文です

ATSUSHI ドジャースタジアムで国歌斉唱 前田健太投手と固い握手

デイリースポーツ 7月27日(水)21時3分配信

 EXILE ATSUSHI(36)が米ロサンゼルスで26日に行われた大リーグ(MLB)、ロサンゼルス・ドジャース対タンパベイ・レイズの試合前に行われたセレモニーで日本国歌「君が代」を斉唱した。ドジャースタジアムで「君が代」を歌うのは日本人アーティストとして初めて。

 この日は日本の文化や芸能を紹介する「ジャパンナイト」が実施され、ATSUSHIは着物の生地に菊の柄が散りばめられ、日の丸をイメージした赤と白のグラデーションがデザインされた衣装を身にまとい、グラウンドに登場した。

 「君が代」を斉唱すると、この日集まった4万7000人の観客からは大きな歓声と拍手が沸き上がった。日本人アーティストとして大役を務めたATSUSHIは「サムライ魂を持って戦っている前田投手をはじめ、日本選手の皆さんの力添えができればという気持ちで歌わせて頂きました」と熱い思いを語り、登板予定のなかった前田健太投手とも固い握手を交わした。

 ATSUSHIは現在、ソロアーティストとして史上初の6大ドームツアーも開催中。ソロとしての活躍の幅を世界にまで広げ、歌声で魅了した。

最終更新:7月27日(水)21時6分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。