ここから本文です

阪神・原口「必死のパッチ」で5打点、完封能見を援護

デイリースポーツ 7月27日(水)21時18分配信

 「阪神9-0ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 阪神が5月4日の中日戦から6日のヤクルト戦以来となる3連勝を果たした。四回に一挙9得点を奪い、試合を決めたが、中でも原口文仁捕手が9号3ランと2点適時打で5打点と際だった活躍を見せた。お立ち台では「こんだけたくさんのファンの人が集まってくれたので、必死のパッチで打ちました!」と決めぜりふも口にした。

 四回は江越、福留と連続安打が出て無死一、二塁としたところで原口が左翼席最前列へ9号3ランを放ち先制に成功。この回2度目の打席では1死満塁からレフトへ2点適時打を放った。

 捕手として、先発の能見をバットで援護したが、バッテリーとしてうれしかった点は「それはもちろん(能見の)完封です」と即答。「今日は能見さんの投球が低めに集まったおかげで僕も助かったところが多かったので、能見さんに感謝です」とたたえ、自身の打撃については「チャンスで回ってくるので、なんとかしようとくらいついているだけです」と謙遜していた。

最終更新:7月27日(水)21時50分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報