ここから本文です

内村、リオの洗礼に青ざめた…選手村トイレが“逆流”

デイリースポーツ 7月28日(木)1時42分配信

 リオデジャネイロ五輪で3大会ぶりの団体総合金メダルを目指す体操男子日本代表が27日、選手村近くの練習場での初練習を非公開で行った。エースの内村航平(27)=コナミスポーツ=は練習後に取材に応じ、「本番と同じ器具で練習して、ようやく試合の体になってきたかなと思う」と感触を明かした。

 ただ、選手村での生活を聞かれると「選手村は…」と口ごもり、世界王者の表情が曇った。「シャワーを浴びてたら途中から水しか出なくなっちゃって…」。仕方なく泡がついたままの体で、隣の加藤と田中の部屋まで移動し、お湯の出るシャワーを借りる羽目になった。

 さらに深刻なのがトイレだった。「流したら、便器の横にある流しみたいなところから水がブワ~ってあふれてきて、おしっこも一緒に出てきてるんじゃないかと…やべえっす」。トイレットペーパーも便器から遠くの位置にあり、「取りづらくて肩が痛くなる」とさすがの王者も悲鳴を上げた。

 部屋の不備は既に担当者に伝えたと言うが、「直ることはないと思う。予想はしてたけど、嫌ですよね」と苦笑い。それでも、数々の修羅場を乗り越えてきたエースは神経質にならない。「まあそれも楽しんでます」と逆境を楽しみながら、再び栄光をつかみ取る。

最終更新:7月28日(木)1時45分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。