ここから本文です

「We Are X」YOSHIKIがメキシコの映画祭でパフォーマンス、ニコ生配信も

映画ナタリー 7月27日(水)22時57分配信

X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」が、メキシコで開催中のグァナファト国際映画祭にて、現地時間7月28日に上映される。同映画祭でYOSHIKIがパフォーマンスを行うことがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「We Are X」は1年以上にわたってX JAPANに密着した記録映画で、「ストーンズ・イン・エグザイル~『メイン・ストリートのならず者』の真実」のスティーヴン・キジャックがメガホンを取ったもの。サンダンス映画祭2016にてワールドシネマドキュメンタリー部門の最優秀編集賞を受賞したほか、SXSW 2016にてEXCELLENCE IN TITLE DESIGN部門の観客賞を受賞した。

述べ10万人の出席者が見込まれるこの映画祭で、唯一本作のみがメインイベントのヘッドライナーとしてグァナファト野外特設会場にてスクリーンにかけられる。YOSHIKIは上映終了後にピアノ演奏を行う。なおニコニコ生放送では、このパフォーマンスの様子とビデオ電話での生中継を、日本時間7月29日に配信予定だ。

ニコニコ生放送「『We Are X』映画祭SP・第5章 ~メキシコ『グ・グアナジュアト国際映画祭』からYOSHIKI緊急パフォーマンス&ビデオ電話生中継~」
2016年7月29日(金)7:00~13:30(予定)配信URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv269725439※番組後半は会員限定視聴

最終更新:7月27日(水)22時58分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。