ここから本文です

【MLB】ブルージェイズ、M.アップトンを獲得 GM「魅力的な点がいくつもあった」

ISM 7月27日(水)17時42分配信

 トロント・ブルージェイズが現地26日、サンディエゴ・パドレスとのトレードを成立させ、メルビン・アップトン外野手と金銭を獲得。見返りとして、マイナーの右腕ハンセル・ロドリゲス投手を放出した。

 31歳のアップトンは、2012年11月に総額7,525万ドル(約79億3,000万円)の5年契約でアトランタ・ブレーブスに加入すると、2015年4月のトレードでパドレスへ移籍。アップトンの残りの年俸総額2,250万ドル(約23億7,000万円)の大半をパドレスが負担すると報じられている。

 昨季は左足のケガなどで87試合の出場にとどまったアップトンだが、今季はここまで92試合に出場して打率.256、16本塁打、45打点、20盗塁をマーク。メジャー12年間の通算成績を打率.245、160本塁打、570打点、293盗塁としている。

 今季57勝44敗の成績で、ア・リーグのプレーオフ争いに絡んでいるブルージェイズ。ロス・アトキンスGMは、アップトンについて「魅力的な点がいくつもあった。外野の3つのポジションをこなす守備、スピード、走塁、盗塁、パワー。万能性もあるから、層も厚くできるだろう」と語り、ベテラン外野手に期待を寄せた。

 一方、パドレスへ移籍した19歳のロドリゲスは、今季ここまでマイナーで6試合に先発登板し2勝1敗、防御率3.06の成績を残している。(STATS-AP)

最終更新:7月27日(水)17時42分

ISM

スポーツナビ 野球情報