ここから本文です

Sia、初の全米シングル・チャート1位

BARKS 7月29日(金)8時58分配信

オーストラリア出身の顔を隠す女性シンガーSiaが、シングル「Cheap Thrills」で初の全米1位を獲得した。先週の3位から2ランク・アップし、10週間トップだったドレイクの「One Dance」から首位の座を奪った。

◆Sia画像

ショーン・ポールをフィーチャーした「Cheap Thrills」は、母国オーストラリアでの最高位は6位だが、カナダ、フランス、ドイツ、スウェーデンのチャートで1位に輝いていた。

Siaはソングライターとしては、リアーナの「Diamonds」(2012年)などで1位を獲得しているが、シンガーとしては初めて。「Cheap Thrills」も当初は、リアーナが最新アルバム『Anti』のためにレコーディングするはずだった。理由は明かされていないが、彼女のもとに戻って来たのは、いまとなってはラッキーな誤算だった。

アルバムでは、前作『1000 Forms Of Fear』(2014年)で全米No.1を獲得している。

ドレイクの「One Dance」はおよそ2ヶ月半ぶりに2位に後退。3位にはリアーナをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの「This Is What You Came For」が先週の4位から3位に上昇した。

今週新たにトップ10入りしたシングルはなかった。

Ako Suzuki

最終更新:7月29日(金)8時58分

BARKS