ここから本文です

ジミー・ペイジ、ファンに感謝していたところで…

BARKS 7月29日(金)9時0分配信

「Stairway To Heaven」著作権侵害訴訟の陪審裁判で敗訴したスピリットのランディ・ウルフの遺産管財人が上訴したその日、偶然にも、ジミー・ペイジは勝訴に触れファンからの支援に感謝するメッセージを発表していた。

◆ジミー・ペイジ画像

ウルフの遺産管財人Michael Skidmore氏は土曜日(7月23日)、控訴裁判所(United States Court of Appeals for the Ninth Circuit)に上訴申し立てをしたと伝えられている。まだそれを知らなかったと思われるペイジは、同日、こんなメッセージをFacebookに投稿した。

「かなりの短時間で陪審員全員一致の決定に到った、LAでのStairway To Heaven訴訟の判決から数週間が経った。判決までの長い道のりの間ずっと、さらに最近いっそう、僕のもとには圧倒するほどたくさんの支援、励まし、祝辞が届いており、とても感動している。こんなにポジティブなエネルギーを送ってくれた人々すべてに対し、この場をかりて個人的に感謝したい。ありがとう ジミー・ペイジ」

原告が上訴したことで、オジー・オズボーンが「時間のムダ」と言い放った裁判がまた始まるのか、メンバーにとってもファンにとっても頭が痛いところ。現在のところ、Skidmoreおよびバンド側から正式なコメントはなされていない。

Ako Suzuki

最終更新:7月29日(金)9時0分

BARKS