ここから本文です

【連載】第5回 ホタバンのファミリアルミルキーウェイ ~ホタルライトヒルズバンド藤田竜史の連載コラム~

BARKS 7月31日(日)19時44分配信

BARKSをご覧の皆さま、
ホタルライトヒルズバンド、ボーカル&ピアノの藤田竜史です。
夏ですね!
太陽の光が燦々と輝く毎日。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
いつもこの連載を気にかけて読んでくださるあなたへ、
改めて御礼申し上げます。
お互い良い季節になりますように!

◆【連載】ホタバンのファミリアルミルキーウェイ ~ホタルライトヒルズバンド藤田竜史の連載コラム~ まとめページ

さぁ、ホタバンの夏がやってきました。
ニューミニアルバム「センスオブワンダー」が7月27日に発売となります!
幾重にも重なった色とりどりのカラフルサウンドが、選び抜いた言葉たちと踊るキラキラなこの季節にぴったりのポップアルバム。
いつもはオススメのアーティストを紹介しているこのコーナーですが
今月は発売月ということで、
ぼくのバンド
『ホタルライトヒルズバンド』
を紹介させてください!

昨年THANK YOU MUSICを立ち上げ、前作「hello my messenger」をリリースしてからすぐに制作に取り掛かったこのアルバム。
僕たちが今回強く叶えたかったのは、『明るくポップで弾けた世界・ライブに遊びにきたくなるエネルギッシュなサウンド』でした。
バンド結成当初につくった曲や最新曲も合わせてのべ40曲くらいの候補曲の中からテーマに該当し得る曲をフックアップ。
じっくりとチーム全員で吟味しながら楽曲を選んでいきました。
その中でも一番時間をかけたのが、
リード曲となった “何千回でも 何万回でも”
徹底的にみなで納得するものをつくろう、新しいホタバンの世界に翼をさずけてくれるスケールの大きな一曲をつくろう。
そんなビジョンに向けて走り始めたのですが、何度も何度も歌詞やサウンドを修正し追い求めている間に段々と(この曲はどこへ向かっているんだ、何を伝えようとしているんだ)という迷走に陥ってしまい、
一度根本からこの曲のエネルギーを見つめなおす、そんな時間がありました。
(後にアルバムタイトルになる!)仮タイトル “センスオブワンダー” と名づけられたそのリード候補曲が持つポジティブかつ少しノスタルジックな魅力を最大限に引き出す言葉はないかと、ぼくは自分の体験の中からその手触りを探してみることにしました。
そこでたどり着いたのが少年のときに夢中になっていたサッカーの部活動のことです。
現在・ジェフユナイテッド市原のJリーガーとして活躍する当時のチームメイト大久保くんが未だに現役プレイヤーとして一線で活躍する姿を目の当たりにし、
一緒に駆け抜けたあの夏の暑い太陽や汗のこと、グラウンドの砂埃に光る青春の輝きを思い出しました。
決してあきらめない。あの頃のハートがふつふつと蘇ってくるとき、ああ ぼくもこんなところで立ち止まっていられない。
何回だって、チャレンジしてきたじゃないか。。
そんなマグマのような闘志が湧き上がってきて…
ついに結びついたこの一節。
『何千回でも 何万回でも、いつかいつかと信じる力で』

今のバンドやチームの心境、
自分自身のソングライターとしての気持ちにもジャストタイミングで共鳴したこの言葉に
あらゆることが動き始めたのでした。

ライブで盛り上がるためにとつくった 魔法のおまじないの曲→ “ping-pong-pang”
少年よ大志を抱けと力強いハードロックサウンド→ “ボーイズビーアンビシャス!”
甘酸っぱい郷愁ラブソング→ “最後のチョコレート”
過去と未来を繋ぐアコースティックナンバー→ “ひゅるりら”
生きることを問う壮大なバラード→ “LIFE IS”
実に6曲6色、
バラエティ豊かな楽曲たちが連なるこのアルバムのタイトル。

何千回でも 何万回でもが完成した後、そこに残った
『センスオブワンダー』という言葉が
全てを言い表してくれました。

言葉を超えて胸に響いてくる感動。不思議な歓び。

まさに、『心が体験する』という
僕たちが当初掲げた
『LIVE』という根底のテーマにリンクすることが出来たのです。

アルバムジャケットも迷うことなくビジョンが生まれてきました。
多くの言葉を持たずとも、
通じ合いたくましく生きる動物たちをセンスオブワンダーの象徴とし
色鮮やかに散りばめた
とってもお気に入りのデザインが完成しました。

いよいよこのアルバムが世に出ます。
どこをどう切り取っても
理屈を超えたホタルライトヒルズバンドの自信作です。

日々の中で、
悩んだり迷ったり
この選択は正しかったのか?
自分の信じた想いは、
きちんとまっすぐに届いているのだろうか。
そんな繰り返しを
僕たちは生きています。

前にも後ろにも進めず、
どこにも出口がないような気持ちになってしまうような
そんなとき、
手を差し伸べてくれるのは
ふっと斜め横に虹をかけてドアを教えてくれる
音楽の存在だったりします。

この作品があなたの勇気に栄養を与えられる、
心をそっと包み込み、一歩踏み出す光を灯す
大切なきっかけのひとつになれたらいい。

そんなことを、願って止みません!

ここまでは、
ぼくのアルバムに対する熱い想いをお届けしました。
読んでくれてありがとう。
次はね、ミュージックビデオについての聴いて欲しいお話。
もう少しだけ、
お付き合いください。

すでに公開されております、
ニューアルバムからのリード曲
“何千回でも 何万回でも” の
ミュージックビデオはチェックしていただけましたでしょうか!?

日本国民でこの方を知らない人は少ないであろう、圧倒的な存在感を放つ俳優の渡辺哲さんを主演に迎えたヒューマンドラマ。
愛する妻を亡くし、幾つかの月日が流れたある日
生前彼女が愛用していたレシピ本を見つけ慣れない料理に旦那さんが挑戦しようとするストーリー。
ドラマのクライマックスには女優の月影瞳さん演じる妻も出演する一幕があり、
涙を誘う感動の内容になっております。

このミュージックビデオ。
さらなるアナザーストーリーがあるのです。
運命と思うしかないほど、
素敵な巡り合わせが。

渡辺哲さんが料理をしているあの家。
お2人でいただきますをしているあの家。

実はホタバンボーカル、友香の
母上のご実家にあたる場所。
つまり友香のおじいちゃん、おばあちゃんの家なんです。

友香のおばあちゃんは、
去年の12月、突然お亡くなりになってしまいました。
取り残されたおじいちゃんは現在別の場所で暮らされており、
しばらく誰も住んでいなかった2人のお家で
今回ご両親やご家族の皆様のご厚意もあって撮影をさせていただけることになりました。
生前おばあちゃんが日々生活をし、
きっと同じように肉じゃがを作ったりしながら、おじいちゃんとの暮らしがあったあの家で
このミュージックビデオの内容がここまでリンクすることになろうとは当初誰も予想していない出来事で。
実際にビデオの中に登場するレシピ本、偶然友香のおばあちゃんもお持ちだったとのことで
ご家族の皆様も驚かれていたようです。

“何千回でも 何万回でも”
愛を伝えるためにトライする姿を描こうと発案されたこの脚本に
真実の物語が載った時、
そこで生まれた感動は 言葉にし得ない輝きを持ちます。
まさに今回のアルバムのタイトル、「センスオブワンダー」。

本当にそこに
おじいちゃんとおばあちゃんの暮らしが映っているようだと
ビデオを何度もチェックしていた友香の想いは
本当に特別なものだったと思います。

天国のおばあちゃんにこのビデオが、この曲が、きっと届いていることを願って。

今はもう戻らない、そんなあの頃の想い出は
何度だって今を生きる僕たちの心ひとつで
また温もりを呼び戻すことが出来る。

ずっと見守っていてくれると信じて、
また ずっとここに生き続けているよと
笑顔で。

前を向いて歩き出そう。

様々なメッセージを込めた、この “何千回でも 何万回でも” のミュージックビデオ。
是非一度ご覧になってみてください。
そして、お友達やご家族に広めてあげてください!


最後まで読んでくださってありがとうございます。
是非ともこの夏は、
一家に一枚、ホタバンのセンスオブワンダーを!
そして8月からのツアーで是非お逢いしましょう?

それでは今月の一句、

夏なんです
愉しむ心が
夏なんです

来月もお楽しみに☆

ホタルライトヒルズバンド
「センスオブワンダー」特設サイト : https://senseofwonder.amebaownd.com/
オフィシャルサイト : http://hotaban.com/
オフィシャルTwitter : @hotabanofficial
オフィシャルFacebook : https://www.facebook.com/hotaban

■リリース情報

ホタルライトヒルズバンド
ニューミニアルバム「センスオブワンダー」
2016.7.27 on sale

【収録曲】 1. 何千回でも 何万回でも 2. ping-pong-pang 3. ボーイズビーアンビシャス! 4. 最後のチョコレート 5. ひゅるりら 6. LIFE IS
価格 : 1500円+税 品番 : AMHL-0002 レーベル : THANK YOU MUSIC ディストリビューション : Village Again Association

■ライブスケジュール

7/30 (土)
 昼 : タワーレコードアリオ柏店
 夜 : 2016柏まつり

●初お披露目オブワンダー in TOKYO 2016
8/3 (水) 渋谷LOOP annex
8/14 (日) 新宿LOFT w/ GOOD BYE APRIL、Official髭男dism、他
8/18 (木) 渋谷La.mama
8/20 (土) 下北沢SEEDSHIP w/ エナ (ex. riry*mona)

●センスオブワンダーTOUR 2016
8/28 (日) 柏DOMe w/ nano.RIPE
9/2 (金) 名古屋RAD SEVEN w/ Official髭男dism、他
9/3 (土) 大阪Pangea w/ Official髭男dism、他
9/10 (土) 新潟・Cafe & Pub 96
9/11 (日) 新潟・糸魚川 シーサイドバレースキー場内 歩荷茶屋 野外特設会場
 塩の道コンサート in 根知 2016
10/1 (土) 柏PALOOZA w/ Official髭男dism、他
10/21 (金) 広島CAVE-BE w/ Official髭男dism、他
10/22 (土) 山口・周南RISING HALL w/ Official髭男dism、他
10/23 (日) 岡山PEPPERLAND w/ Official髭男dism、他
11/23 (水・祝) 札幌SPIRITUAL LOUNGE w/ Softly
12/11 (日) 渋谷La.mama
 センスオブワンダーTOUR 2016 FINAL
※ツアー追加日程、箇所、近日発表予定!

藤田竜史
プロフィール
@ryujifujita
大阪出身、千葉・柏育ちのシンガー&ソングライター/
ホタルライトヒルズバンドvo(@hotabanofficial)/
柏MUSIC SUN 代表(@kashiwamusicsun)/オリオンと夜の虹(@orion20150123) / プロデュースワークhotallightsounds(@hotallightsound)

最終更新:7月31日(日)19時44分

BARKS