ここから本文です

『レイトン教授』新作の主人公は“レイトンの娘” 声優は有村架純

オリコン 7月27日(水)17時9分配信

 ゲームソフト開発会社のレベルファイブが手がける人気タイトル『レイトン教授』シリーズの完全正統派続編『レディレイトン 富豪王アリアドネの陰謀』の制作が27日、発表された。登場キャラクターは一新され、主人公レイトン教授の娘カトリーエイル・レイトン。声は女優の有村架純が務める。

【画像一覧】役所広司、坂口健太郎、黒木メイサが演じるキャラクター

 有村のほか、カトリーの助手でしゃべる犬・シャーロ役を役所広司、カトリーの助手でさえない若者ノア・モントール役を坂口健太郎、天才分析官ジェラルディン・ロイヤー役を黒木メイサ、ダージリン・アスポワロ警部役を井上肇がそれぞれ演じる。

 これまでの壮大なナゾ解いていくストーリーから、ロンドンで起こる小さな怪事件を解決していくストーリーに変更。カトリーは“ある日突然姿を消した父レイトンを探す”という目的からナゾ解決に取り組んでいる。

 2017年春に発売予定。ニンテンドー3DSのソフトで販売され、iOS・Androidでも配信。今回、謎解き制作を担当するのは「ゴースト暗算」で知られる岩波邦明氏、テーマ曲は“大物女性アーティスト”が手がけることも明かされた。

 『レイトン教授』シリーズはシルクハットの英国紳士・レイトン教授とその一番弟子ルークが数々の難事件を解決していく人気謎解きアドベンチャーゲーム。2007年2月に第1作が発売され、シリーズ累計1550万本以上を記録している。09年にはアニメ映画も公開された。

最終更新:7月27日(水)18時22分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。