ここから本文です

『イナズマイレブン』新作「アレスの天秤」が17年始動 新作アニメは夏、主人公は3人

オリコン 7月27日(水)17時9分配信

 ゲームソフト開発会社のレベルファイブが手がける人気コンテンツ『イナズマイレブン』の最新作『イナズマイレブン アレスの天秤』が2017年に始動することが27日、わかった。千葉・舞浜アンフィシアターで行われた同社の新作発表会で明らかになった。

【画像】配信限定アニメ『ロッカールーム』場面カット

 新作の舞台は『イナズマイレブン』パート1の続きで、円堂守がフットボールフロンティアで優勝を飾った後のパラレルワールド。主人公は、稲森明日人(CV:村瀬歩)、灰崎凌兵(CV:神谷浩史)、野坂悠馬(CV:福山潤)のシリーズ初となる3人で、それぞれの視点で描かれる。

 新作テレビアニメの放送は来年の夏からスタート。ネット配信も予定されており、約5分の限定映像が追加される。また、関連玩具も順次発売になる予定。

 2008年よりマンガ、ゲーム、アニメ、映画等にコンテンツ拡大してきた『イナズマイレブン』。超弱小の中学サッカー部が、キャプテンでゴールキーパーの主人公・円堂守の熱い気持ちに心を打たれ、仲間と力を合わせて日本一を目指して戦うストーリーと、キャラクターが繰り出す数々の“超必殺技”が話題を呼んだ。

■『イナズマイレブン アレスの天秤』あらすじ
 のどかな孤島・伊那国島に住んでいた少年たち。彼らにつきつけられたのは、突然のサッカー部廃部の危機だった。サッカーを取り戻すための条件は、フットボールフロンティアで1勝すること。主人公・稲森明日人たちは島を離れて、雷門中学に編入し「フットボールフロンティア」へ挑む。伊那国・雷門イレブンが初戦で対戦することになったのは、ランキング1位の「星章学園」。この危機にどう立ち向かうのか…?

最終更新:7月29日(金)0時45分

オリコン