ここから本文です

フジ、ネット独自の選挙特番を配信 ゲストに古市憲寿氏ら

オリコン 7月27日(水)19時1分配信

 フジテレビのネット配信ニュースチャンネル「ホウドウキョク」で、東京都知事選挙の投開票が行われる7月31日、特別番組『みんなの都知事選~Tokyo gubernatorial election~』(後7:45~10:00※延長対応あり)を配信する。

東京都知事選挙特番にゲスト出演する古市憲寿氏

 舛添要一前都知事の辞任を受け、実施される今回の選挙。「2020五輪」の舞台となる東京のリーダーは誰になるのか。過去最多21人が立候補している。番組では、全21候補の公約や真意を各所から中継で伝えるほか、任期途中の辞任が続いたことを受け、人気投票になりがちな「選挙の在り方」を考える。

 進行は『みんなのニュース』メインキャスターの伊藤利尋アナウンサー。ゲストに時事通信社特別解説委員の田崎史郎氏、国際政治学を研究している三浦瑠麗氏、作家の古市憲寿氏が出演する。

 番組は、Facebook Live、LINE LIVE、ツイッターのライブ配信用アプリ「Periscope」でもライブ配信。Periscopeでは、出演者たちのすぐそばにカメラを設置し、「ホウドウキョク」とは異なるアングルからのリアルな表情を配信。

 午後8時の投票終了の瞬間には、同番組を東京・新宿駅前のアルタビジョンに映し出して視聴を促す施策も行う。

 伊藤アナは「かつてないほどの注目を集めている今回の都知事選挙。開票速報と候補者の声はもちろん、選挙戦の裏側や、新知事のもとで東京がどうなっていくのかについても掘り下げていきます。ネットの特性も活かして、いい意味でまったり、かつ、とんがってお伝えします」とコメントを寄せている。

■公式ホームページ
http://www.houdoukyoku.jp/

最終更新:7月27日(水)19時14分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。