ここから本文です

チームしゃちほこ2時間特番 テレ玉で緊急放送

オリコン 7月27日(水)20時37分配信

 名古屋発の6人組アイドルグループ・チームしゃちほこの活動に密着した特番『ROAD to 笠寺~4年間の軌跡と5年目の奇跡~』が、テレビ埼玉で29日正午から2時間にわたって放送されることが急きょ決定した。

【写真】8月3日発売のニューシングル

 同グループは活動当初から、同じ愛知県出身の武将・織田信長が好んで演じたと伝えられている幸若舞「敦盛」の有名な一節になぞらえ、「人間50年、アイドル5年」のフレーズを掲げてきた。4月7日には路上デビュー5年目に突入し、5公演5万人を動員する大箱ライブ計画『VICTORY YEAR Road to 笠寺』を打ち出している。

 番組では、路上デビューから今年5月の千葉・幕張メッセイベントホール公演までの4年間にわたる活動と、来年3月21日に控えている念願の愛知・日本ガイシホール公演に向け、夢をかなえようとしているメンバーに密着。路上デビューから撮りためてきたライブ映像やレッスン、バックステージなどの膨大な映像アーカイブも放送される。

 番組ナレーションはリーダーの秋本帆華が担当。名物マネージャー“店長”ことスターダスト芸能3部所属の長谷川ミネヒコ氏のインタビューも盛り込まれている。

 秋本は「この2時間にこれまでのチームしゃちほこが詰まっています!! あの曲の歌詞をあの人が作っていたのはナレーションをしていて初めて知った新事実でした!」とアピール。長谷川マネージャーは「4年間を2時間でぎゅっと詰めこんで、かなり濃厚な番組になりました! ドキュメンタリーでもフィクションでもない青春劇を感じてもらえたらうれしいです」とコメントしている。

最終更新:7月29日(金)11時33分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。