ここから本文です

レニー・クラヴィッツ「ガンズ・アンド・ローゼズが時間通りステージに上がる(!)」

BARKS 7月31日(日)19時55分配信

旧友ガンズ・アンド・ローゼズの北米ツアーに参加したレニー・クラヴィッツが、彼らの変化について語った。クラヴィッツは、先週(7月19~24日)マサチューセッツとニュージャージーで開かれた4公演でオープニング・アクトを務めた。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

スラッシュと同じ高校に通っていて、バンドのことを結成時からよく知る彼は「数公演やらないかって誘われて、楽しもうって思ったんだ」と、月曜日(7月25日)アメリカのトーク番組『Late Night with Seth Meyers』で話した。

「だって素晴らしいことじゃないか。スタジアム・ツアーだし、彼ら20何年かぶりに一緒にやるんだ。俺は(バンドが)始まったころ彼らとつるんでたし、全盛期、あのクレイジーな日々だってそうだ」「彼らが一緒にいるところを見るのは、本当に興味深かった。全員、ほんと落ち着いたし、時間通りステージに上がる。(前とは)違うよ…。昔は俺以上になんでもありだったのにさ」

ガンズ・アンド・ローゼズは、スラッシュとダフ・マッケイガンが復帰して以来、ショウの開始が大幅に遅れたとの話が聞こえてこない。

Ako Suzuki

最終更新:7月31日(日)19時55分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。