ここから本文です

【GOLF】“死闘”語り継がれるバルタスロールに松山ら日本勢3人が挑む!

ISM 7月27日(水)10時45分配信

 今季メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権が現地時間28日に開幕。2005年以来のバルタスロールGC(ニュージャージー州)開催となる今大会に、松山英樹、谷原秀人、池田勇太の日本勢3人が挑む。

 リオデジャネイロ五輪開催による過密日程の中、全英オープンからわずか2週間で行われるメジャー最終戦。舞台となるバルタスロールは、1980年全米オープンで青木功とジャック・ニクラウス(米)が死闘を繰り広げた日本人にも馴染みあるコースだ。36年経った今も当時の青木の2位を超える日本勢は出ておらず、レジェンド超えの偉業達成に期待がかかる。

 なかでも注目の松山は、全英オープンで自身初のメジャー2戦連続予選落ちを喫するなど苦戦が続いているが、ツアー2勝目を手にし、マスターズでも優勝争いに絡んだ前半戦の勢いをここで取り戻せるか。また、2週後にリオ五輪を控えた池田、そして今季日本ツアーで2勝を挙げている谷原の活躍からも目が離せない。

 前回王者はジェイソン・デイ(豪)。昨季大会ではメジャー新記録となる通算20アンダーで悲願のビッグタイトルを手にしたが、連覇へのメジャー2勝目へは、今季の全米オープン、全英オープンでそれぞれメジャー初優勝を遂げたダスティン・ジョンソン(米)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)といった波に乗る強豪を倒さなければならない。

 2012年、14年覇者のローリー・マキロイ(北アイルランド)や昨季2位のジョーダン・スピース(米)、前回バルタスロールで開催された2005年大会の王者、フィル・ミケルソン(米)らも優勝候補の一角。全英オープンでステンソンとの激闘を演じたミケルソンは、逃したメジャー6勝目をここでつかみたいところだ。

最終更新:7月27日(水)20時49分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]