ここから本文です

「全農改革が本丸」 佐賀視察の小泉氏  中野会長 自己改革を強調

日本農業新聞 7/27(水) 7:00配信

 「JA全農改革が本丸」。自民党の小泉進次郎農林部会長が26日、今秋までに自身が委員長を務めるプロジェクトチーム(PT)でまとめる「農林水産業骨太方針」を巡り、こう発言した。農業の生産現場の視察に訪れた佐賀市で語った。

 小泉部会長は、同市で中野吉實JA佐賀中央会会長(全農会長)と米・麦・大豆などの生産現場を訪問し、若手農家らと意見を交換。記者団に対し、今後の方針に「全農改革が本丸。組織の在り方も含めて避けられない」と述べた。

 焦点となる生産資材価格の低減については、国内の肥料や農薬が韓国と比べ高いと改めて訴え、「(全農に)分析を徹底し、説明してもらいたい」と要望した。その上で「建設的な対話ができるか分岐点に来ている」とも強調した。

 これに対し、中野会長は「(小泉氏が)私が改革に消極的だと言ったそうだが、全農としてまさに事業改革に取り組んでいるところであり、小泉氏に改めて説明する機会を持たせてほしい」と述べ、自己改革を進める姿勢を示した。

日本農業新聞

最終更新:7/27(水) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。