ここから本文です

サッカー日本代表=カレーとおはぎ差し入れ=マナウス日系社会から

ニッケイ新聞 7月27日(水)8時18分配信

 【マナウス発】リオ五輪開幕を前に、サッカー日本代表が初戦、第2戦を行うアマゾナス州マナウス市では、地元の日系団体などが慌ただしく準備を進めている。できる範囲で選手たちをサポートしようと、日本食の差し入れのほか、サポーターに青いゴミ袋を配る計画もある。
 マナウスでは、開会式に先立つ来月4日に対ナイジェリア戦、7日に対コロンビア戦が行われる。選手たちが滞在するホテルでは、代表側から日本食の要望を受けたという。担当者は「用意できないものもありまだ調整が必要だが、出来る限りのことはしたい」と話す。
 同じく、手倉森監督がマナウスに視察へ来た際に日本食のリクエストを受けたことから、アマゾナス日系商工会議所ではカレーライスとおはぎの差し入れをする予定だ。
 西部アマゾン日伯協会は、サムライブルーにちなみ、青いゴミ袋をサポーターに配る計画。試合後にはスタジアムのゴミを拾ってもらう算段で、2年前のブラジルW杯でも日本のサポーターが行い話題となった。
 マナウスの高温多湿の気候は日本代表には不利と言われる中、現地在住サポーターの期待は高い。2試合とも観に行くという会社役員梅津久(うめつ・ひさし)さん(67)は「試合が行われる夜には多少涼しくなるはずだから、あとは湿度だけ。なんとか勝ってもらいたい」と話す。
 在マナウス総領事館は、応援用に日の丸の旗を貸し出す。現地の情報発信のため、短期滞在者には「たびレジ」、長期滞在者には在留届を提出するよう呼びかけている。(菅野麻衣子通信員)

最終更新:7月27日(水)8時18分

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。