ここから本文です

<高校野球>決勝見どころ 聖望学園の強力打線×花咲徳栄の高橋昂/埼玉大会

埼玉新聞 7月27日(水)6時30分配信

 7年ぶりの頂点を狙う聖望学園と3季連続の甲子園出場を目指す花咲徳栄が激突。今春の県準々決勝では花咲徳栄が10―5で逆転勝ちした。最大の焦点はここまで28回無失点の花咲徳栄・高橋昂と、聖望学園の強力打線のぶつかり合いだ。

 6試合で51得点の聖望学園打線は辛抱強く失投を待ち、好機を確実にものにしたい。大量得点は望めないだけに、右腕中川の踏ん張りが必須。先手を取られると一方的な試合になる恐れもあり、序盤の試合運びには細心の注意を払いたい。

 花咲徳栄はある程度の失点を覚悟した上で、先行される展開になっても慌てないことが重要。好調を維持している打線も穴がなく、機動力を絡めた攻撃で得点が狙える。序盤からリードを奪って左腕の精神的負担を軽減できれば理想的だ。

最終更新:7月27日(水)7時28分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]