ここから本文です

ハチ公もびっくり トラクターパレード 東京・渋谷

日本農業新聞 7/27(水) 7:00配信

 全国から集まった農家のトラクターが26日、東京・渋谷や原宿の繁華街をパレードし、居合わせた人たちを驚かせた。

 同日に一般社団法人日本食品トレーサビリティ協会が渋谷区の代々木公園で開いた国産米のPRイベント「OKOME EXPO 2016」に合わせて企画した。都会の消費者が農業に関心を持つきっかけづくりが狙いだ。

 鳥取県や三重県、新潟県などから集まったトラクター8台が、JR渋谷駅前や原宿駅前など8.4キロを巡った。運転した千葉県南房総市の農家、高橋幸司さん(34)は「人がたくさんいる中を走るのは楽しかった」と話した。

 イベント会場では最新トラクターの試乗なども行い、家族連れの人気を集めた。世田谷区から訪れた大豆生田福人くん(6)は「でっかいタイヤがかっこいい」と喜んでいた。(富永健太郎)

日本農業新聞

最終更新:7/27(水) 7:00

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。