ここから本文です

「ファイナルファンタジー7」の神羅カンパニーに社名が由来、シンラ・テクノロジー・ジャパン(株)が特別清算

東京商工リサーチ 7月27日(水)10時12分配信

 シンラ・テクノロジー・ジャパン(株)(TSR企業コード:300639309、法人番号:4011101071000、新宿区新宿6-27-30、設立平成26年8月、資本金5000万円、代表清算人:松田洋祐氏)は7月15日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は4724万円(平成27年3月期時点)。
 当社は、東証1部上場の(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス(TSR企業コード:291859712、法人番号:5011001027704、東京都新宿区)の100%出資で設立されたShinra Technologies,Inc.(アメリカ)の全額出資で平成26年8月に設立。初代代表にスクウェア・エニックス・ホールディングスで社長を務めた和田洋一氏が就任したことや、同社が1997年に発売し国民的人気タイトルとなった「ファイナルファンタジー7」に登場する「神羅カンパニー」に商号が由来することが、ゲームファンを中心に大きな話題となった。
 アメリカ法人が投資家より資金を調達し、シンラ・テクノロジー・ジャパンがクラウドプラットフォームを開発するスキームを予定していたが、想定通りに資金調達が進まずに事業継続を断念。開発中のノウハウなどは、グループ内で吸収し、平成28年1月6日に株主総会の決議により解散していた。

東京商工リサーチ

最終更新:7月27日(水)10時12分

東京商工リサーチ