ここから本文です

「ファイナルファンタジー7」の神羅カンパニーに社名が由来、シンラ・テクノロジー・ジャパン(株)が特別清算

東京商工リサーチ 7/27(水) 10:12配信

 シンラ・テクノロジー・ジャパン(株)(TSR企業コード:300639309、法人番号:4011101071000、新宿区新宿6-27-30、設立平成26年8月、資本金5000万円、代表清算人:松田洋祐氏)は7月15日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は4724万円(平成27年3月期時点)。
 当社は、東証1部上場の(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス(TSR企業コード:291859712、法人番号:5011001027704、東京都新宿区)の100%出資で設立されたShinra Technologies,Inc.(アメリカ)の全額出資で平成26年8月に設立。初代代表にスクウェア・エニックス・ホールディングスで社長を務めた和田洋一氏が就任したことや、同社が1997年に発売し国民的人気タイトルとなった「ファイナルファンタジー7」に登場する「神羅カンパニー」に商号が由来することが、ゲームファンを中心に大きな話題となった。
 アメリカ法人が投資家より資金を調達し、シンラ・テクノロジー・ジャパンがクラウドプラットフォームを開発するスキームを予定していたが、想定通りに資金調達が進まずに事業継続を断念。開発中のノウハウなどは、グループ内で吸収し、平成28年1月6日に株主総会の決議により解散していた。

東京商工リサーチ

最終更新:7/27(水) 10:12

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。