ここから本文です

リオ五輪、メダルの製造現場

AFPBB News 7/27(水) 9:37配信

(c)AFPBB News

【7月27日 AFP】ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の市民たちがリオデジャネイロ五輪のメダルに描かれた女神を目にして、なんとなく見覚えがあると感じたとしても不思議ではない。女神のモデルはブラジル女性だからだ。

「リオデジャネイロは海や丘陵など曲線美にあふれた街。ブラジル女性の体と同じですよ」。リオデジャネイロ近郊にある国立造幣局「カーサ・ダ・モエダ(Casa da Moeda)」で金・銀・銅、合わせて5130個が製造されたメダルのデザインを担当した彫刻家のネルソン・カルネイロ(Nelson Carneiro)さん(60)はそう語った。リオデジャネイロの官能的な一面にインスピレーションを得て、五輪メダルに描かれる古代ギリシャの女神ニケ(Nike)に曲線美を与え「太ももを太くお尻を大きくした」という。

 出場選手の誰もが切望する金メダルだが、実は純金製ではない。494グラムの銀で出来たメダルをわずか6グラムの金でめっきしたものだ。銀メダルは純銀製だが、銅メダルは銅とすずの合金であるブロンズ(青銅)よりも銅と亜鉛の合金の真ちゅう(黄銅)に近い。

 一方、パラリンピックのメダルには視覚障害者が音で識別できるように小さな鋼球が入っている。18日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/27(水) 9:37

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。