ここから本文です

【リオ五輪】佐々木翔は予選リーグで強敵と当たらず バドミントン

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 7/27(水) 22:16配信

7月27日(現地時間26日)に、リオ五輪・バドミントン競技の会場となるブラジル・リオセントロにて、各種目予選リーグの組み合わせ抽選会が行なわれた。

男子シングルスの日本代表・佐々木翔は、グループIに入った。対戦相手はイギリスのラジフ・オーゼフとチェコのペトル・コーカルの2人。オーゼフは今年のマレーシアOP8強に入ったが、それ以外では大きな実績を残していない。チェコのコーカルもスーパーシリーズなどに出場しておらず、グランプリやインターナショナルクラスの大会でポイントを稼ぎ、五輪出場権をつかんでいる。佐々木とっては、決勝トーナメント進出に向けて追い風となる組み合わせとなった。

なお、佐々木が予選リーグ1位で決勝トーナメントに進出した場合、1回戦はグループJ1位通過の選手と対戦する。実力的にいえばトミー・スギアルト(インドネシア)が勝ち抜くことが予想される。

男子シングルスの組み合わせは以下の通り。

▼グループA
リー・チョンウェイ(マレーシア・1位)
ソレン・オプティ(スリナム・326位)
ジリアン・デリック・ウォン(シンガポール・57位)

▼グループC
チョウ・ティエンチン(台湾・7位)
タン・ユーハン(ベルギー・51位)
ミシャ・ジルベルマン(イスラエル・52位)

▼グループD
胡贇(香港・12位)
パブロ・アビアン(スペイン・34位)
ジャスパー・ウーン・チャイ・ユ(ブルネイ・413位)

▼グループE
林丹(中国・3位)
ウラジミール・マルコフ(ロシア・61位)
デビッド・オーバーノステレル(オーストリア・69位)
グエン・ティエンミン(ベトナム・33位)

▼グループG
ヤン・O・ヨルゲンセン(デンマーク・5位)
ラウル・マスト(エストニア・40位)
ブライス・レベルデス(フランス・39位)

▼グループH
スリカンス・キダムビ(インド・11位)
ヘンリー・ホルスカイネン(スウェーデン・50位)
リノ・ムニョス(メキシコ・73位)

▼グループI
ラジフ・オーゼフ(イギリス・15位)
佐々木翔(日本・25位)
ペトル・コーカル(チェコ・83位)

▼グループJ
トミー・スギアルト(インドネシア・8位)
ハワード・シュー(アメリカ・62位)
オスレニ・ゲレーロ(キューバ・60位)

▼グループK
マーク・ツーベラー(ドイツ・14位)
スコット・エバンス(アイルランド・74位)
イゴール・コエリョ・デ・オリベイラ(ブラジル・64位)

▼グループL
ビクター・アクセルセン(デンマーク・4位)
イ・ドンクン(韓国・16位)
ブーンサック・ポンサナ(タイ・32位)

▼グループM
ン・カロン(香港・13位)
ペドロ・マーティンズ(ポルトガル・63位)
マーティン・ジェフリー(カナダ・76位)

▼グループN
孫完虎(韓国・9位)
アーテム・ポチャレフ(ウクライナ・75位)
ジェイコブ・マリエカル(南アフリカ・78位)

▼グループP
チェン・ロン(中国・2位)
ケビン・コルドン(グアテマラ・43位)
アドリアン・ジオルコ(ポーランド・53位)
ニルカ・カルナラトネ(スリランカ・95位)

※出場人数の関係でグループB、F、Oは無し
※順位は7月21日付の世界ランキング

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:7/27(水) 22:16

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]