ここから本文です

TPP 「反対」は明記せず 雇用を優先 米民主党政策綱領

日本農業新聞 7/27(水) 12:00配信

 米国大統領選に向けた民主党全国大会が25日、ペンシルベニア州で始まり、事実上の公約である政策綱領を採択した。環太平洋連携協定(TPP)については慎重姿勢をにじませたものの、賛否は直接明示しなかった。

 政策綱領では「雇用を支えず、賃金を上げず、安全保障を改善しない貿易協定には反対する」と指摘。こうした貿易協定への判断基準を挙げ、「これらの基準は、TPPを含めた全貿易協定に適用されなければならない」とするにとどめた。

 クリントン氏はこれまでの演説でTPPに反対し再交渉も示唆していたが、綱領に反対を明記するには至らなかった。

 TPPの記述を巡っては、クリントン氏と指名獲得を争ったサンダース上院議員が、承認採決阻止を盛り込むよう求めていたが、採用されなかった。オバマ大統領が、来年1月までの任期中にTPP承認を目指していることも背景にある。

 大会は4日間の日程で、クリントン氏が26日に正式に候補者に指名され、28日に指名受諾演説を行う予定だ。27日にはオバマ大統領が支持を訴える。共和党は先週の全国大会で、実業家のトランプ氏を候補者に正式決定した。今後、11月の選挙まで、TPP反対を訴えるクリントン、トランプ両氏の論戦に注目が集まる。

日本農業新聞

最終更新:7/27(水) 12:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。