ここから本文です

天皇・皇后両陛下も宿泊、横手セントラルホテル(株)が民事再生

東京商工リサーチ 7月27日(水)11時56分配信

 横手セントラルホテル(株)(TSR企業コード:220166650、法人番号:8410001008943、秋田県横手市平和町9-10、登記上:同市横手町字大関越80、設立昭和45年7月、資本金7000万円、榊田浩三社長、従業員42名)は7月25日、秋田地裁へ民事再生法の適用を申請し同日、保全命令および監督命令を受けた。申請代理人は岡野真也弁護士(岡野真也法律事務所、東京都中央区八重洲2-2-12、電話03-6804-8388)ほか3名。監督委員には湊貴美男弁護士(湊法律事務所、秋田市山王3-1-7、電話018-865-6066)が選任された。「事業存続を図るべく、現在、特定のスポンサー候補者に対して支援を要請している」としている。
 負債総額は約5億4000万円(平成28年5月末時点)。
 昭和50年、「横手セントラルホテル」の運営を開始し、62年に大宴会場兼結婚式場「ラ・ポート」を開設。平成7年には建物を賃借する形に切り替え、新たなスタートを切った。横手・平鹿地区では最高格のホテルとして高い知名度を誇り、9年10月には秋田県を訪問された天皇皇后両陛下の宿泊先にもなった。
 8年6月期から11年6月期までは10億円台の売上高で推移していたが、その後は横手市内に新規ホテルがオープンして、営業面では苦戦。打開策として、26年3月にチャペル「le lien」を新たに開設し、婚礼部門の売上回復を計画したが、投資に見合う効果は得られず、27年6月期の売上高は約5億9000万円まで落ち込んでいた。
 賃料負担が重く赤字計上が続くなか、経費削減などで体質改善を図っていたが、資金繰りが逼迫し今回の措置となった。

東京商工リサーチ

最終更新:7月27日(水)13時54分

東京商工リサーチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]