ここから本文です

CBCテレビ開局60周年プロジェクト「60サンキュー!」公式ソングDJ RYOW feat. JASMINE&SOCKS『ありがとう』が完成

E-TALENTBANK 7月27日(水)15時7分配信

CBCテレビ開局60周年プロジェクト「60(ロクマル)サンキュー!」の公式ソングが、ついに完成した。”感謝”をテーマに、視聴者からフレーズを募集して作り上げた公式ソング「ありがとう」は、”誰かに感謝の気持ちを伝えたい”東海地方の人たちの思いを紡いだ、優しく心に響く楽曲に仕上がった。

今年3月1日の募集開始以来、視聴者から集まった「誰かに感謝の気持ちを伝えるためのフレーズ」は、5月末の締切までに “心が折れて学校に行けなかった私に、先生がくれた言葉”、“祖母から言われて以来いつも心にある言葉”など、熱い思いが100を超え、その中から12余りのフレーズが反映されている。

今回、この公式ソングのプロデュースを担当した、岐阜県大垣出身で海外でも活躍するHIPHOPアーティスト、DJ RYOW(ディージェイ リョウ)は「年齢関係なしに、いろんな人の感謝の気持ちが集まった。68歳の方からもラップ調の言葉が送られてきて嬉しかった。」と語る。

メインボーカルを担当するのは、ゴスペルで培った圧倒的な歌唱力を武器に、次世代の実力派シンガーとして注目されているJASMINE(ジャスミン)。プロデュースのDJ RYOWが、歌の表現力や高いパフォーマンス力にほれ込んで抜擢したJASMINEは「作っていてとても幸せな気持ちになれた。みんなの感謝の気持ちを代弁しているように感じた。」と制作時の心境を語る。また地元知多出身の若手ラッパー、SOCKS(ソックス)がラップを担当。名古屋弁を活かした節回しもユニークで、東海地方の皆さんなら思わず口ずさみたくなる歌になっている。

なお名古屋市にある601スタジオ(エクシング)でのレコーディングを終えた「ありがとう」は、7月30日(土)、31日(日)にナガシマスパーランドで開催されるTOKAI SUMMITでDJ RYOW feat. JASMINE & SOCKSとして出演し(出演は30日のみ)お披露目する予定。その後、8月24日にはiTunes、レコチョクをはじめとした楽曲配信が開始される。その他、JOYSOUNDと中部エリアでのカラオケキャンペーン企画や10月にはテーマソング「ありがとう」のCD発売など様々な展開も検討中だ。

CBCテレビでは現在、開局60周年プロジェクトとして“地域への感謝”をテーマに「60(ロクマル)サンキュー!」を展開中。視聴者から「CBCテレビにやってほしいこと」のリクエストを受けて、来年3月までに60個の企画を実施していくプロジェクトで、7月23日時点で18個を実施している。

最終更新:7月27日(水)15時7分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。