ここから本文です

ケルンが“3部のケルン”に敗北 大迫は45分間出場も……

theWORLD(ザ・ワールド) 7/27(水) 8:50配信

主力メンバー出場もしたが

FW大迫勇也が所属するFCケルンが26日、ドイツの3部リーグを戦うフォルトゥナ・ケルンと練習試合を実施。両クラブの公式ツイッターが試合の様子を伝えている。

昨季の主力選手であるGKティモ・ホルンやMFレオナルド・ビッテンコート、FWアントニー・モデストらがスターティングメンバーに名を連ねたケルンだが、先制したのはフォルトゥナ。開始3分、コーナーキックからネットを揺らす。ビハインドを負ったケルンも17分に新加入FWルドニェフスにシュートチャンスが訪れるが、同点弾を決めることができないまま45分を終えた。

ケルンは後半から大迫やFWシモン・ツォラーらを投入して同点、そして逆転を狙いに行く。しかしゴールは遠く、53分には大迫にも決定機が訪れるが決めることができず。昨季も得点力不足に苦しんだケルンは最後まで同点ゴールを奪えず、3部リーグを戦う相手に敗北を喫している。

24日にはマラガやマルセイユ、26日にはフォルトゥナ・ケルンと試合を行ったケルンは今後、8月3日にボローニャ、8月15日にはユヴェントスらと対戦する。3部相手にまさかの敗北を喫したケルンだが、シーズンが始まる前の戦いに今後も注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/27(水) 8:50

theWORLD(ザ・ワールド)