ここから本文です

メルセデス新型「Eクラス」発売 自動で車線変更を実現 耳守る世界初の機能も

乗りものニュース 7/27(水) 14:21配信

渋滞時の運転を自動で支援

 メルセデス・ベンツは2016年7月27日(水)、最先端の安全運転支援機能や自動運転機能を搭載した新型「Eクラス」を発表しました。

【今もっとも売れているクルマは何? 乗用車販売台数ランキング最新版】

 新技術の自動運転システム「ドライブパイロット」を「Eクラス」に初めて搭載。先行車との車間距離をはじめ、周囲の交通状況(車両、ガードレールなど車線と平行に位置する物体)を常に監視し、状況を判断してアクセル、ブレーキ、ハンドル操作を自動で支援します。特に混雑時や高速道路での渋滞時に、自動運転によりドライバーにかかる負担が大きく軽減されるといいます。なお、車線が不明瞭であったり表示されていなかったりする場合にも、自動で先行車を追従します。

 また、自動で車線変更をする機能「アクティブレーンチェンジングアシスト」も初搭載。ドライバーがウインカーを2秒以上点滅させると、センサーが他の車両などとの衝突の危険がないことを確認し、自動で車線変更します。作動速度の範囲は約80km/h~180km/hで、高速道路上での使用が想定されています。

 システムが不可避の衝突を検知した際は、車両のスピーカーから鼓膜の振動を抑制する音を出す機能「PRE-SAFE サウンド」を世界初搭載。事故時の衝撃音から乗員の耳を守るというものです。メルセデス・ベンツ日本の広報担当者によると、ドイツでは1969(昭和44)年から、メルセデス・ベンツ車の事故に対して現場に担当チームを派遣し、警察とともに原因分析やデータ収集を実施していおり、「PRE-SAFE サウンド」の導入の背景として、このような取り組みの蓄積が考えられるとしています。

 さらに「PRE-SAFE サウンド」のほか、警告灯や警告音で促してもドライバーによってハンドルやアクセル、ブレーキ操作などが一切行われない場合、緩やかに減速して停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」も世界で初めて搭載したということです。

 7月27日(水)から「E200 アバンギャルド(675万円)」「E200 アバンギャルド スポーツ(727万円)」が、10月以降には「E200 4MATIC アバンギャルド(698万円)」
「E220 d アバンギャルド(698万円)」「E220 d アバンギャルド スポーツ(750万円)」「E250 アバンギャルド スポーツ(756万円)」「E400 4MATIC エクスクルーシブ(988万円)」が発売されます(金額はメーカー希望小売価格)。

「E200」には最大出力184PSの、「E250」には同211PSの2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。「E400」には同333PSの3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンが、「E220 d」には同195PSの、新開発2.0リッター直列4気筒ディーゼルエンジンがそれぞれ搭載されます。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/27(水) 18:35

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。