ここから本文です

錦織らボトムハーフ、ワウリンカらが勝利<男子テニス>

tennis365.net 7月27日(水)15時10分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は26日、シングルス1・2回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)が位置するボトムハーフでは第13シードのL・プイユ(フランス)や予選勝ち上がりのD・ノビコフ(アメリカ)が初戦突破。第3シードのS・ワウリンカ(スイス)は3回戦へ駒を進めた。

錦織vsノビコフ 1ゲーム速報

この日、世界ランク131位のノビコフはF・デルボニス(アルゼンチン)をストレートで下して勝利。この結果、錦織は初戦の2回戦でノビコフと対戦することが決まった。両者の対戦は今回が初めて。

両者の試合は日本時間28日の0時(現地27日の11時)から開始予定。

プイユは予選勝ち上がりのE・ゴメスと対戦。第1セットを先取されるもその後はブレークを許さず勝利。2回戦ではR・ラム(アメリカ)と対戦する。

シード勢が順当に勝ち上がると、プイユは3回戦で錦織と対戦する組み合わせ。

第2シードのワウリンカは元世界ランク8位のM・ユーズニー(ロシア)に第1・第2セット共に先にブレークを許す苦しい展開から、2度のタイブレークを制して3回戦進出を決めた。

ワウリンカは昨年はN・キリオス(オーストラリア)に敗れて初戦敗退を喫していた。

tennis365.net

最終更新:7月27日(水)15時26分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。