ここから本文です

シード勢で明暗の2日目、錦織は3日目に登場<男子テニス>

tennis365.net 7月27日(水)17時49分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は大会2日目の26日、シングルス1・2回戦が行われ、第10シードのG・モンフィス(フランス)は2回戦進出を決めたが、第14シードのB・ペール(フランス)と第15シードのS・ジョンソン(アメリカ)は初戦で姿を消し、シード勢で明暗が分かれた。

錦織vsノビコフ 1ポイント速報

前週のシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)で約2年半ぶりのツアー優勝を果たしたモンフィスは、この日J・ソウサ(ポルトガル)に6-3, 6-3の快勝で初戦突破を決めた。2回戦では地元のV・ポスピシル(カナダ)と対戦する。

一方、ペールは予選を勝ち抜いたのR・シュティエパネック(チェコ共和国)に1-6, 3-6、ジョンソンはF・フォニュイーニ(イタリア)に4-6, 4-6で敗退した。

また、この日は2回戦も行われ、第2シードのS・ワウリンカ(スイス)が元世界ランク8位のM・ユーズニー(ロシア)に7-6 (7-3), 7-6 (10-8)、第5シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)がB・チョリッチ(クロアチア)に4-6, 6-1, 6-4で勝利し、3回戦へ駒を進めた。

大会3日目の27日には第3シードの錦織圭(日本)が2回戦に登場し、1回戦でF・デルボニス(アルゼンチン)をストレートで破った予選勝者のD・ノビコフ(アメリカ)と顔を合わせる。

その他では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第4シードで地元期待のM・ラオニチ(カナダ)、第6シードのD・ティエム(オーストリア)、第7シードのD・ゴファン(ベルギー)、第8シードのM・チリッチ(クロアチア)ら上位シード勢も登場する。

tennis365.net

最終更新:7月27日(水)18時47分

tennis365.net