ここから本文です

家畜を追い立て、移動させる。ロボットカウボーイの登場

ギズモード・ジャパン 7月27日(水)20時10分配信

これは怖いよね、牛さん…。

ロボットの進化によって世の中が便利になる反面、人間の仕事が奪われるのではないかという懸念もあります。実際にどうなるかは別として、このほど「カウボーイ・ロボット」とでもいうべきものが開発されましたよ。

シドニー大学のロボット研究所が作ったSwagBotは、巨大な牧場を管理するためのロボット。オーストラリアの険しい大自然の中でも、縦横無尽に移動することが可能です。

頑丈そうな4輪は、水の中や多少デコボコした道もへっちゃら。まさにカウボーイのように牛をうまく追い立てます。

付属されたカメラで家畜を監視することもできるSwagBotですが、次のフェーズでは、温度計やモーションセンサーを搭載し、動物の病気や怪我を判断できるようにするとのことです。

一見ちょっと牛さんたちが可哀想にも見えますが、適した牧草地で美味しい草を食べてもらうために必要なことなんですね。

image by YouTube
source: New Scientist
George Dvorsky - Gizmodo US[原文]
(渡邊徹則)

最終更新:7月27日(水)20時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]