ここから本文です

中四国最大級の中古ベンツ展示場 山陽ヤナセ、岡山に常時50台

山陽新聞デジタル 7月27日(水)21時32分配信

 輸入車販売の山陽ヤナセ(岡山市東区鉄)は、メルセデス・ベンツの認定中古車約50台を常時そろえる中四国地方最大規模の展示場「サーティファイドカーセンター」(同藤井)をオープンした。

 民有地約2300平方メートルを取得し、屋外展示場とショールーム(鉄骨平屋約400平方メートル)を整備。スタッフ7人を置き、ショールームには商談用の個室3部屋を設けている。投資額は約1億円。

 同社は岡山県内にメルセデス・ベンツの販売店2店を持つ。認定中古車に特化した店舗は同センターが初めて。

 山陽ヤナセは「一度に多くの車種を見比べられる。お気に入りの一台を見つけてほしい」としている。

最終更新:7月27日(水)21時32分

山陽新聞デジタル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。