ここから本文です

戦線離脱の川崎DF登里を“モリえもん”が激励「きみはこれからも何度もつまづく。でもその度に……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月27日(水)10時10分配信

中村からもメッセージ

川崎フロンターレは26日、左膝を痛めていたDF登里享平が手術を行い、約3ヶ月間戦列を離脱することを発表した。

2009年から川崎でプレイする登里は今季より2番を背負って1stステージ11試合に出場するが、2ndステージは5試合を終えて出場なし。2ndステージ第5節FC東京戦から2日後の25日には、以前から痛めていたという左膝の精密検査を行い、左膝外側半月板損傷と診断されて全治まで3ヶ月程度を要する見込みだとクラブが発表している。

このリリースに際し、チームメイトのMF中村憲剛は自身のTwitterで「ノボリ、待ってるぞ」とメッセージ。またMF森谷賢太郎は「『きみはこれからも何度もつまづく。でもその度に立ち直る強さをもってるんだよ。』ってドラえもんが言ってたよ!一緒に頑張ろうぜ」とチームメイトを激励した。

年間順位と2ndステージで首位を走る川崎は次節、敵地で湘南ベルマーレと対戦する。クラブ記録となる14試合無敗中の川崎は今後も無敗記録を更新し続け、首位で“2番”の復活を迎えることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月27日(水)10時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合