ここから本文です

コロンビアの10番背負う男が逆襲へ ハメス「ジダンを納得させたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月27日(水)10時20分配信

ポジション争いに意気込み

昨季指揮官ジネディーヌ・ジダンの信頼を得ることができなかったレアル・マドリードMFハメス・ロドリゲスは、今夏のプレシーズン中にジダンを納得させようと決意を固めているようだ。

ハメスは主にインサイドハーフとしてプレイする機会が多いが、チームではカゼミーロがジダンの信頼を獲得。カゼミーロをアンカーに据えてルカ・モドリッチとトニ・クロースをインサイドハーフに置くスタイルがお決まりのパターンとなった。BBCからスタメンを奪い取るのも一筋縄ではいかないため、コロンビア代表で10番を背負うハメスと言えどもポジションを確保するのは難しい。

しかし、ハメスの心はまだ折れていない。スペイン『MARCA』によると、ハメスは「僕はジダンを納得させたいんだ。今季はもっと出場時間が欲しいね」とジダンの信頼を勝ち取る決意だ。ただし、同メディアはハメスに対するジダンの評価が高くないと伝えており、モドリッチやクロースの前にイスコより序列が上になる必要があるとハメスのスタメン奪取への道のりが険しいことをアピールしている。

ジダンはイスコのことを評価しており、ハメスにはライバルが多すぎる。お得意のトップ下がないこともハメスを苦労させている理由の1つなのかもしれないが、ハメスはジダンの信頼を掴むことができるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月27日(水)10時20分

theWORLD(ザ・ワールド)