ここから本文です

全世代のiPhoneを燃やしてみた

ギズモード・ジャパン 7月27日(水)22時40分配信

「一番火に対して強いiPhoneどーれだ?」そんな素朴な疑問を解決するため、YouTuberのZach Straleyが歴代すべてのiPhoneにガソリンぶっかけ火をつけた!(動画URL:https://youtu.be/Ia2J95zx0-w)

燃やされちゃうのは初代こと2G版から、3G、3GS、4、4S、5、5C、5S、6、6S。これまで販売されている全世代のiPhoneです。すべてのiPhoneの電源を入れてタイマーアプリをつけ、ガソリンをかけて…着火!

ガソリンかけてる時点でどれが一番火に強いかとか比較する気がなさそうですが…パッと見全滅ながらもなんと生き残ったiPhoneが!それはディスプレイも表示されたままでタイマーアプリも作動したままの初代iPhoneでした。つよい!!

しかし家に持って帰り電源をつけてみると、熱が冷めたからなのか、意外にも3も3Gも、4、4Sも電源が入ります。一方トレーの下の段に置かれたiPhoneたちは、トレーが傾きガソリンが下段に溜まっていたためもあってか全滅でした。

というわけで、テストが公平ではないためにまったく比較にはならないものの、「iPhoneを覆う程度の炎に包まれても、少なくとも4Sまでは熱がいったん冷めれば使えるかもしれない」ということが分かる結果となりました。「やっべBBQしてiPhone火に落としちゃった!」という方も冷静にトングでつまみだして冷ませば使えるかもしれませんね。

ちなみに撮影に使っているのは6Sだそうです。

image by YouTube
source: YouTube
Darren Orf - Gizmodo US[原文]

最終更新:7月27日(水)22時40分

ギズモード・ジャパン