ここから本文です

ファンキー加藤、“何気ない”プライベートつぶやきが反響

MusicVoice 7月27日(水)18時51分配信

 歌手のファンキー加藤は27日、高校野球西東京大会で地元・八王子市にある八王子学園八王子高校が初の甲子園出場を決めたことを受け、「よっしゃー」と喜びを表現。これにファンも祝福の声を挙げているが、不倫騒動などを経た中で、何気なくつぶやかれたプライベートなコメントが反響を呼んでいる。

 ファンキー加藤は自身のツイッターで、「よっしゃー! おめでとう!!!」とコメントを書き込み、『優勝 八王子(初)』とテロップの付いたテレビ画面のスクリーンショットを掲載。自身の地元である八王子市から初の甲子園出場を果たした八王子高校を祝福した。

 この絶叫気味に更新されたファンキー加藤のつぶやきに多くのファンらが反響の声を挙げた。「おめでとう」「やっぱり見てましたか」「加藤さんも甲子園に行くしか!」「みんな あとひとつ してる」などと祝福の声を続々と届けた。

 さらに、ファンキー加藤は先般、不倫や妊娠、出産騒動が報じられていたが、今月21日に控えていたツイッターの更新を再開。ライブに関するツイートは更新されていたが、喉のメンテナンスとのつぶやきを除いては今回のプライベート感全開のつぶやきはされていなかった。

 そのため一部のファンからは「私は、加藤さんのTwitterが嬉しいです(笑)」「加藤さんが仕事以外のことで 普通に呟いた何気ないツイートが こんなに嬉しいなんて」との声も挙がり、普段のファンキー加藤に安堵する向きもあるようだ。

最終更新:7月27日(水)18時53分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。