ここから本文です

木星に似た矮星「WISE 0855」。大気が水蒸気の雲で覆われていることが判明

ギズモード・ジャパン 7月27日(水)23時10分配信

木星と近しい特徴にも注目。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)とNASAの研究チームは、地球から7.2光年離れた地点にある「WISE 0855」として知られる矮星で「水の雲」を検知したことを明らかにしました。これは、太陽系外で初めての観測とのこと。

「WISE 0855」は2014年にNASAの広域赤外線探査衛星(WISE)によって発見された矮星。学術雑誌「Astrophysical Journal Letters」に公開された研究では、この「WISE 0855」について新たな事実が明らかになったとのこと。当初、一時的な「水の雲」の存在を検知した科学者たちは、限られた測光データだけでは不十分だとして赤外線画像を必要としました。

そこで活躍したのが、ハワイにあるジェミニ北望遠鏡。スペクトロスコープ(分光器)を使って更なる情報が収集された結果、褐色矮星の大気が水蒸気と雲で覆われていることが研究者たちによって確認されました。地上のスペクトロスコープで検知すると「5倍おぼろげに見える」と語ってくれたのは、UCSCで天文学と天体物理学の助教授を務め、研究の共同著者でもあるAndrew Skemerさん。

「WISE 0855」は、実はトップ画像のように青色ではなく褐色であるとされています。太陽系の惑星に例えると、木星が有する特徴に近しいのだとか。ただ、木星よりも5倍ほどの大きさあるのだそうです。星と同じように形成されるにも関わらず、星とは異なり核融合をすることができないため「褐色矮星」や「恒星の成り損ない」とよばれることもあるようです(ちなみに木星は「太陽の成り損ない」と称されたりしますよね)。

「WISE 0855」の平均気温はおおよそ250ケルビン(マイナス23度ほど)。木星と同様に、水分を吸収する特徴がある一方で、木星には大気中に豊かな無機化合物「ホスフィン」を有していて大気が荒れやすいことを指摘しています。これは「WISE 0855」にはない特徴だと指摘されています。

研究者たちは引き続き「WISE 0855」のほか褐色矮星を調べながら、木星の大気内に含まれる化学的性質を調査する意向を示しています。今後さらに、地球以外に温度の低い惑星の大気に関する新たな発見が期待できそうです。

image by NASA/JPL-Caltech/Penn State University
source: Scientific American
Carli Velocci - Gizmodo US [原文]
(Rina Fukazu)

最終更新:7月27日(水)23時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]