ここから本文です

【ブラジル】履物輸出が拡大 輸入は縮小

サンパウロ新聞 7月27日(水)0時25分配信

 ブラジル履物工業会(Abicalcados)の12日発表によると、2016年6月の履物の輸出数量は930万足と15年同月に対して12.5%拡大した。輸出額は前年同月比7.0%増の8400万ドルだった。今年5月に対しては、数量は11.0%増、額は17.0%増。同会は、為替相場とブラジル製履物の品質が輸出の好調に寄与したとしている。伯メディアが12日付で伝えた。

 今年上期(1~6月)の輸出数量は15年上期を3.3%上回る5800万足、輸出額は同2.7%減の4億5147万ドル。主な輸出先国は米国、アルゼンチン、フランスだった。

 輸出が拡大した一方で輸入は縮小した。16年上期の履物の輸入数量は前年同時期に対して35.0%減の1254万足、輸入額は同38.3%減の1億7470万ドルだった。主要輸入相手3カ国はベトナム、インドネシア、中国だった。

サンパウロ新聞

最終更新:7月27日(水)0時25分

サンパウロ新聞