ここから本文です

[移籍]1年でJ2復帰へ J3首位を走る栃木が山口からJ3通算67試合出場DFを獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 7/27(水) 11:20配信

山口では2試合に出場

栃木SCは26日、レノファ山口からDF島川俊郎が期限付き移籍で加入することを発表した。

現在26歳の島川は2009年に仙台でプロのキャリアをスタートさせ、期限付き移籍で東京ヴェルディやブラウブリッツ秋田にも所属。2014年からは秋田に完全移籍で加入しており、主力選手として活躍する。同クラブでのパフォーマンスが評価された島川は今季からJ2昇格を果たした山口に加入したが、25試合を消化して2試合の出場に留まった。

シーズン後半戦は栃木でプレイすることが決まった島川はクラブ公式サイトを通じて「栃木でプレイできる事を幸せに思っています。自分の持っている力を出して、チームの勝利そしてJ2昇格に貢献できるように努力します。よろしくお願いします」とコメント。クラブも同選手について「中盤からの鋭い縦パスやビルドアップが武器」と説明し、新たな戦力に期待を寄せている。

今季からJ3リーグを戦う栃木だが、現在18節を終えて2位に6ポイント差をつけて首位を走っている。好調の栃木はJ3で既に67試合に出場している経験豊富な選手をチームに加え、1年でのJ2復帰を果たすことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/27(水) 11:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報