ここから本文です

【ブラジル】合成麻薬2.5万錠 GRU空港で女を逮捕

サンパウロ新聞 7月27日(水)0時28分配信

 連邦警察は19日朝、合成麻薬MDMA(通称エクスタシー)の錠剤2万5000錠を偽装を施したスーツケースの中に隠して国内に持ち込もうとしたブラジル人の女(23)をグアルーリョス空港(サンパウロ州)で逮捕した。女はスイス・チューリッヒからの便で到着した。

 20日付伯メディアによると、連警は麻薬の運び屋と接触するまでこの女を監視。私服の捜査官らがグアルーリョス市内のホテルに待機し、女と麻薬を迎えに来た運び屋の男を20日未明に逮捕した。

 連警によると女は調べに対し、麻薬はフランスで受け取り、サンタ・カタリーナ州のフロリアノーポリス市まで運ぶことになっていたと話している。

サンパウロ新聞

最終更新:7月27日(水)0時28分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。