ここから本文です

[移籍]ラモス監督解任のFC岐阜が元世代別韓国代表10番を獲得「少しでもFC岐阜の力になれるように」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/27(水) 11:30配信

岐阜の救世主となれるか

サガン鳥栖は27日、MF崔誠根がFC岐阜に期限付き移籍することを発表した。

現在24歳の崔誠根は韓国の大学を卒業後、ヴァンフォーレ甲府でプロのキャリアをスタート。世代別韓国代表でも10番を背負った同選手は1年目からJ2リーグで9試合に出場する。また、2014年から鳥栖に戦いの場を移した同選手は加入から2年間で38試合に出場。今季も14試合に出場している。

しかし半年間の期限付き移籍で鳥栖を離れることが決まった崔誠根はクラブ公式サイトを通じて「鳥栖にいる間、本当に幸せな時間でした」とコメント。「いつも温かく応援して下さり本当に感謝しています。ありがとうございました」とサポーターにメッセージを伝えた。

また同選手は岐阜のサポーターにも「1日も早くチームに溶け込んで、少しでもFC岐阜の力になれるように頑張りますので応援よろしくお願いします」と挨拶している。2012年は甲府でJ1昇格に貢献した同選手は、4年ぶりのJ2でも、19位に低迷する岐阜を残留に導くパフォーマンスを披露できるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/27(水) 11:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]