ここから本文です

[移籍]韓国代表でもプレイした鳥栖FWがJ2長崎へ「いつも沢山の愛を頂きました」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月27日(水)12時20分配信

磐田でも活躍

サガン鳥栖は26日、MF白星東(ペク・ソンドン)が期限付き移籍でV・ファーレン長崎に加入することを発表した。

現在24歳の白星東は2012年にジュビロ磐田でプロのキャリアをスタートさせ、1年目からJ1で12試合に出場を果たすと、翌年は韓国代表にも初めて選出される。また、2015年からは鳥栖に加入して1年半でリーグ戦36試合に出場している同選手だが、シーズン後半戦はJ2の長崎に加入する。

期限付き移籍で鳥栖を去ることが決まった白星東はクラブ公式サイトを通じて「1年6ヶ月という短い期間でしたが、皆さんからいつも沢山の愛を頂きました。ありがとうございました」とコメント。「またいつか皆さんとお会いできる日が来たら、もっともっと良い姿をお見せできるようにこれからも努力して行きたいと思います」と語った。

また加入する長崎のサポーターにも「こんにちは、白星東です。ソンドンと呼んでください」と挨拶し、「V・ファーレン長崎の勝利のために、全力を尽くします。応援よろしくお願いします」と新天地での活躍を誓った。J2で11位につけている長崎は次節、ホームで町田ゼルビアと対戦する。韓国代表でのプレイ経験も持つアタッカーは2014年以来となるJ2の舞台で、クラブを上位に導くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月27日(水)12時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。