ここから本文です

Jリーグ会場にまたも“小中学生”の大人…… J2北九州「クラブが目指すフェアプレイ精神にも反する行為」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月27日(水)13時0分配信

警備員がストップ

ギラヴァンツ北九州は26日、7月24日に開催されたアウェイゲームにおいて、一般チケットを所持すべきサポーターが、小中学生向けのチケットで入場を試み、警備員から止められるという事態が発生したことを明かした。

クラブによると横浜FCとのアウェイゲームにおいて、アウェイサポーター入場口から2名の“大人”サポーターが小中学生向けのチケットで入場を試みたが、警備員から止められたという。この行為についてクラブは「Jリーグが主管する試合運営管理規定第5条に抵触し、極めて悪質で重大な違反行為であり、ギラヴァンツ北九州が目指すフェアプレイ精神にも反する行為であります」とコメントしている。

Jリーグは今季に入ってから各会場でこのような不正行為が相次いで発生しており、北九州も「このような行為は遺憾であり、断じて許すことはできません。ホームゲーム、アウェイゲームに関わらず、このような行為が発覚した場合は厳正なる対処をさせていただきます」と警告を与えた。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月27日(水)13時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。