ここから本文です

アトレティコ、バルセロナ「第4のFW」候補だったフランス代表FW獲得に迫る

theWORLD(ザ・ワールド) 7/27(水) 17:35配信

ビエットの移籍とは別件

アトレティコ・マドリードは、セビージャに所属するフランス代表FWケビン・ガメイロを獲得することで合意に至ったようだ。

一時はMSNに代わる「第4のFW」としてバルセロナへの移籍が決定的だとスペイン紙で報じられていたが、アトレティコ・マドリードと完全にはまとまっていないものの、3000万ユーロと500万ユーロのボーナスで合意に至ったとスペイン『MARCA』が伝えている。

事前に報じられた内容では、アトレティコ・マドリードがセビージャに2000万ユーロに加えてルシアーノ・ビエットを譲渡するという条件を提示したとされていた。だが、ガメイロとビエットの移籍は別件だという。ビエットは300万ユーロでのレンタル移籍で、2000万ユーロでの買い取りオプションが設定されることで合意に至ったと報じられており、すでにセビージャのチームに合流するため合宿が行われているドイツへ向かったと伝えている。

ガメイロは2013年7月にパリ・サンジェルマンからセビージャへ移籍。昨シーズンはリーグ戦31試合で16得点を記録した。UEFAヨーロッパリーグでも8ゴールを決める活躍を見せ、セビージャのUEL3連覇に貢献していた。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7/27(水) 17:35

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報